雑感:師走になるとマスクに手が伸びてしまう話

meguraw645 / Pixabay

すっかり寒くなって通勤時間帯にマスクをしている方も珍しくなくなりました。人目が気になる気持ちがあるときに、マスクに頼りすぎることは「体験の回避」に繋がってしまうので好ましくないのですが、仕事柄マスクをしている方が多い職場なため、ついつい筆者もマスクに手を伸ばしてしまうことがあります。

ただその際は、職場と通勤どちらかでは必ずマスクを外して行動するように心がけています。外せない苦しみは、外して感じる苦しみより、雪だるま式に大きくなっていくからです(~がないという苦痛)。

「人目が気になる」という悩みは一朝一夕に解消できるものではありませんが、うまくその気持ちと”ともに”社会生活を持続させていきたいものです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする